スポンサードリンク

コーギーの病気

コーギーの病気にはワクチンの接種や定期的な投薬により発症を予防することができるものがいくつかあります。
ワクチンの接種で予防できる犬の病気は感染症で、代表的なものとしては狂犬病、ジステンパー、犬伝染性肝炎、犬パルボウィルスなどです。
また、コーギーでも外で飼っている場合に多いのが蚊の媒介により寄生虫が血液中に入り込み、死亡率も高いフィラリアです。フィラリアは、蚊の発生時期までに数ヶ月に渡って薬を投与することで予防できます。通常ワクチンの接種は生後2ヶ月頃に1回、生後3ヶ月〜4ヶ月ごろに1回受けますが、獣医師によっては生後4ヶ月ごろまでに3回受けることを勧める場合もあります。狂犬病の予防接種は法律で義務付けられていますが、その他の感染症に対するワクチンの接種は飼い主の任意とされています。ワクチンは感染症を予防する有効な手段ですが、副作用の発生も報告されており、接種するときには、犬の健康状態をしっかり把握した上で行うことが必要です。感染症やフィラリア以外にも、コーギーの病気はたくさんありますが、最近の傾向として、ガンや糖尿病、椎間板ヘルニアなど、人間とよく似た病気に苦しむ犬が増えています。いわゆる犬の生活習慣病ですが、餌のやりすぎや運動不足による肥満、あるいは過度のストレスが病気の引き金になっている場合も考えられます。飼い主がちょっと気をつけてあげれば改善できることばかりです。コーギーを病気から守るためには普段から行動やしぐさをしっかりと観察しておくことが必要です。
犬は口で身体の具合や痛みを説明できないわけですから、病気や怪我に気がつくのは飼い主の責任です。普段からチェックするポイントとしては食欲、便や尿の状態、歩き方の異常、鼻のかわき、目やにの異常、毛のつやの状況などです。できれば健康な時の体温や脈拍の状況も知っておいたほうがいいですね。早期に発見し、病気が重篤にならないうちに治療してあげることが肝心です。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4125852
スポンサードリンク