スポンサードリンク

コーギーの病気

コーギーの病気にはワクチンの接種や定期的な投薬により発症を予防することができるものがいくつかあります。
ワクチンの接種で予防できる犬の病気は感染症で、代表的なものとしては狂犬病、ジステンパー、犬伝染性肝炎、犬パルボウィルスなどです。
また、コーギーでも外で飼っている場合に多いのが蚊の媒介により寄生虫が血液中に入り込み、死亡率も高いフィラリアです。フィラリアは、蚊の発生時期までに数ヶ月に渡って薬を投与することで予防できます。通常ワクチンの接種は生後2ヶ月頃に1回、生後3ヶ月〜4ヶ月ごろに1回受けますが、獣医師によっては生後4ヶ月ごろまでに3回受けることを勧める場合もあります。狂犬病の予防接種は法律で義務付けられていますが、その他の感染症に対するワクチンの接種は飼い主の任意とされています。ワクチンは感染症を予防する有効な手段ですが、副作用の発生も報告されており、接種するときには、犬の健康状態をしっかり把握した上で行うことが必要です。感染症やフィラリア以外にも、コーギーの病気はたくさんありますが、最近の傾向として、ガンや糖尿病、椎間板ヘルニアなど、人間とよく似た病気に苦しむ犬が増えています。いわゆる犬の生活習慣病ですが、餌のやりすぎや運動不足による肥満、あるいは過度のストレスが病気の引き金になっている場合も考えられます。飼い主がちょっと気をつけてあげれば改善できることばかりです。コーギーを病気から守るためには普段から行動やしぐさをしっかりと観察しておくことが必要です。
続きを読む

コーギーのしつけ

コーギーを飼うことは家族の一員となってもらうことと同じです。飼おうとする側に犬の嫌いな人がいたり、反対の人がいたのではのちのち問題が起こりかねません。家族でよく話し合い全員の賛成で飼いはじめましょう。一度飼いはじめたら死ぬまで面倒見ることが絶対のモラルです。
犬の世話はけっこうな手間ひまがかかります。とくに運動や遊びはかかせません。朝夕2回の散歩には十分な時間をかけてあげることが大事です。運動が不十分だと精神的に落ち着きがなくなり、やたらと吠えたり騒いだりする犬になってしまいます。毎日の十分な散歩はコーギーに対しての飼い主の重要な義務です。
コーギーは家族の一員ではありますが、しつけをしないでほったらかしでは手に負えない野生動物のようになってしまいます。コーギーが人間のよきパートナーとして楽しい生活を送るには適切なしつけが重要です。最低限、すわれ、まて、こい、ふせ、いけない、などは必ず教えましょう。これらのしつけが不十分だと吠え癖や引っぱり癖がついてしまい直すのに苦労してしまいます。
コーギーとの接し方は服従心のある健康な愛犬に育てるために非常に重要になります。
続きを読む

コーギーとペット用品

コーギーも人気のようにペット用品は最近のペットブームから人気が高まっています。品数の多さと、家でゆっくり商品を選ぶことができることから最近では通販でペット用品を買う人が増えているようです。ペット用品の専門雑誌をはじめ、インターネット通販も盛んになっているようです。ペット用品の通販の大きな魅力は、ゆっくり自宅で商品を選べることでしょう。
通販では定期的にキャンペーンやセールを行っているところが多く、激安商品を見つけることもできるでしょう。送料などは各ショップによって違いがあるので事前に調べておくとよいでしょう。
コーギーに合うペット用品を探す際にいろいろとポイントとなることもあります。
ペット用品の通販はとても人気があると前に書きましたが、現在通販自体、とても人気が高くなっています。通販で扱われる商品はさまざまで、通販で買えないものはないといえるほどです。最近では通販オリジナルの商品も多くなっており、さらに人気が高まっているようです。

続きを読む

コーギーの子犬

コーギーの子犬はかわいいのでどんな人でも一度は飼ってみたくなるものです。しかし10年以上も連れ添うことになりますので途中で飽きてしまい世話もおざなりになってしまっては困ります。また家族の中で一人でも嫌いな人がいる場合はよく話し合って飼うかどうか決めることが必要です。犬を飼ったら寿命を全うするまで面倒見ることが当たり前のモラルです。
コーギーのようなペットの世話には結構な時間が毎日必要です。ペットを飼った方ならわかると思いますが朝晩の散歩から食事の世話、爪や体毛の管理、ペットでもお風呂などいろいろとあるので家族で分担していかないと大変です。特に朝晩の散歩には時間をかけてあげてください。しっかり散歩して運動すれば無駄吠えやいたずらなどを防ぐことができます。
コーギーを子犬だからといって厳しくしつけるのはかわいそうという感情はしつけにとっては無用です。しかし愛情のないしつけでは困ります。自分の感情のおもむくままに理由もなく怒りつけたり、逆に気まぐれで溺愛のごとくかわいがってはしつけになりません。服従心のある犬にするために子犬のころからしつけることが大事です。
コーギーとのスキンシップは健康な心身発達には必要不可欠です。
続きを読む

コーギーの飼い方としつけ

かわいい子犬をみれば飼いたくなる気持ちになるでしょう。しかし衝動買いはいけません。家庭内でよく話し合い、一人でも犬を飼うことに反対のないようにしていかなくてはなりません。なかでも家庭の中心である主婦の仕事が多くなるので、主婦の賛成は絶対条件です。
コーギーの飼い方はけっこうな手間ひまがかかります。とくに運動や遊びはかかせません。朝夕2回の散歩には十分な時間をかけてあげることが大事です。運動が不十分だと精神的に落ち着きがなくなり、やたらと吠えたり騒いだりする犬になってしまいます。毎日の十分な散歩はコーギーに対しての飼い主の重要な義務です。
愛犬は家族の一員ではありますが、しつけをしないでほったらかしでは手に負えない野生動物のようになってしまいます。コーギーが人間のよきパートナーとして楽しい生活を送るには適切なしつけが重要です。最低限、すわれ、まて、こい、ふせ、いけない、などは必ず教えましょう。これらのしつけが不十分だと吠え癖や引っぱり癖がついてしまい直すのに苦労してしまいます。
愛犬とは日頃からのスキンシップが非常に重要になります。スキンシップが不足してしまうとコーギーは飼い主を十分信頼してくれません。

続きを読む